ルブタンのピンヒールシューズ


去年の誕生日に自分から自分へプレゼントをしました。

私の中で、クリスチャン・ルブタンのピンヒールシューズは

「大人の女性の色気が漂うアイテム」

の象徴の1つ。

昔からずっと欲しいなぁと思っていましたが、

「いつか似合う自分になってきた時に手に入れよう。」

と気持ちを温めていたものでした。

31歳になる誕生日。

そろそろ私も大人の女性としてひとり立ちをしてきたな、

と感じ始めた頃。

人生の次のステージへ旅立とう。

私を素敵な場所へ連れて行って♡

と、願いと決意を込めて購入しました。

初めてこの靴を履いてお出かけをした日、

とても素敵な出逢いに恵まれました。

人はいろんな巡り合い、そしてタイミングがある。

縁って不思議なものだなぁ。

と感じながらも、「偶然は必然だ。」

と感じた一日でした。

いろんな縁があるけれど、

そして、タイミングで重なったり離れたり、いろいろだけど、

今を生きてちゃんと向き合えば、

全てがギフトになる。

今までもだけれど、

特にここ数年、

私の周りに素敵な人ばかりがいてくれてる。

そして新たに出会う人も素敵な人ばかり。

そんな素晴らしいご縁に、日々に、人生に、感謝をしながら、

今日もまた一歩、一歩。

流れるように進んでいきませう。

〜 Item 〜

『黒のクリスチャン・ルブタンのパンプス』

model name : decollete 554

10cm ピンヒール ポインテッドトウ 黒

履くだけで、頭から爪先まで神経がピンとハリが出る。

決して歩きやすいわけではないけれど、

「このアンバランスさこそが女性らしさを引き出させてくれる」のだと、

履きながらに感じた。

ベーシックカラーな黒に、挑発的な赤のソールとペンより細いピンヒール。

「澄ました顔して、攻めるやつ。」

みたいなところがたまらない。笑