my bible book

人それぞれ、影響を受けたり、お気に入りだったりする本ってありますよね。

今回は私のバイブルとなるようなお気に入りの本を紹介します。

(左から)

1.『アルケミスト』

パウロ・コエーリョ 著

主人公の少年が旅をして、人生において大切な事を発見していく物語です。

8年ほど前に読みましたが(かなり前ですね。笑)、インパクトを与えてくれる本でした。

そして、今ふと自分に必要な気がして読み返しています。

きっと前に読んだ時と違う発見がありそうです。

2.『生き方』

稲盛和夫 著

言わずと知れた名著です。

刺さる部分は沢山ありましたが、

特に心に残っているのは、「魂を磨いていくことが、この世を生きる意味」という一節。

自分が緩んでいる時に読み返すと、喝入れてもらうような気持ちになります。

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

この方式も心に残っています。

3.『アミ小さな宇宙人』

エンリケ・バリオス 著

「愛」について書いている物語。

とてもシンプルだけど大事なことが書いてあり、心が優しい気持ちになります。

私的には、特に前半部分にいい話が詰まっている印象。

3巻までありますが、だんだんとストーリー化、SF化、していく印象があるので、

個人的には1巻の前半に大切なことがわかりやすく書いてあり、心に響きました。

どの本も伝えたいことはとてもシンプルで、

同じことが共通に流れている。

それを改めて思い出させてくれる、私の好きな空気感を持った名本たち。

詳しいことは私が言及するまでもないので、気になった方はぜひ読んでみてくださいね。


2016​©️Eriko Kumazawa All Rights Reserved.

  • Instagram - Black Circle
  • Blogger - Black Circle